賃貸住宅見学で大事なポイント

部屋の設備を細かくチェック

賃貸住宅を見学した時には、部屋の設備を細かくチェックして自分が住みやすいのかを見極める事が大事です。そこで、注目してほしいのがキッチン部分であり、キッチンは料理を作るスペースなので生活する上で非常…

気になる所は担当者に聞く

賃貸住宅の見学では、様々なポイントをチェックしておく必要があります。内装や設備の有無、間取りといった点は目で見て確認することができますが、見ただけではわからない部分も多くあるものです。わからない点…

部屋の中だけでなくて共同フロアや駐車場などもチェック

賃貸アパートや賃貸マンションを見学する際は室内だけでなく、住民が共有するロビーや郵便受け、ベランダ周辺などもチェックしておくことがおすすめです。共有スペースは基本的に管理人や管理会社が掃除などの手…

かなりお値打ち!!札幌の賃貸について

北海道外から来た人が札幌の賃貸物件を探す際に一様に驚くことは、礼金をとる物件が非常に少ないことです。首都圏では賃貸物件を探すと敷金・礼金は大抵ついて回るので、かなり得をした気分になる人が多いようです。

近いうちに空き部屋が出来て見学出来る場合は待つ事も大事

物件の内見は絶対にしておこう

賃貸物件を資料などでチェックしていて気になる物件があった場合は実際に契約する前に部屋の中を内見することになります。もし何らかの理由で部屋を内見できないような場合には内見をせずにすぐに契約してしまうという人も中にはいます。確かに近年は賃貸物件の写真もたくさん掲載されていることが多いですし、中には実際に部屋の様子を360度見ることができるようなものもあります。しかしながら内見をせずに契約をするというのはとても危険です。 実は室内の写真というのは実際の部屋よりも広く見えるようにさまざまなテクニックを駆使して撮影しています。そのため内見をせずに契約をした人が思っていたイメージと実際に行ってみた部屋との広さが全く違ったため後悔したという事例も多いのです。

すぐに内見できない場合の対処法

では内見したいと思っている部屋が内見できなかった場合、どのような対処をすればよいのでしょうか。もし借りたいと考えている部屋にまだ先住者が住んでいるのであれば不動産会社の担当者に話してみて内見をさせてもらうように交渉してみましょう。もし対応してもらえた場合は不要なところをじろじろ見たりして先住者の人に失礼がないように気を配りながら見学をするようにしてください。先住者がいる状態での見学は階下や上の階に住んでいる人たちの雰囲気を直接聞けるためチャンスでもあります。 また、ほどなく先住者が部屋を出るのであれば先住者が部屋を出るまで待つというのも選択肢の一つです。内見をすることを約束し、不動産会社にその物件を押さえてもらっておけばほかの人に取られることもありません。